エディターズチョイス

ミラノファッションウィーク1日目:D&G、アルマーニ、ヴェルサーチ&ゼニア

ミラノファッションウィークは、現在ミラノに在住しているD'Marge編集長のLuc Wiesmanが担当しています。 今年の春、ドゥオモとその周辺には、イタリアの旧市街で開催されたExpo 2015のおかげで、ミラノにはもうちょっとした話題があります。 しかし、芸術的な展示や、物事から見て、ミラノが実際に作られたもの、つまりファッションを損なうことはありませんでした。 ファッション・ウィークの1日目が土曜日の朝に始まったとき、イタリアの最も確立された家屋やぎこちない時代の人々の中には、2016年の次の春と夏の暑さを見せてくれました。 ミラノのこの春/夏の2016年の注目を集めたスライドショーをクリックしてください。 Ermegenildo Zegna Couture デザイナーのStefano Pilatiは、Ermenegildo Zegna Coutureのショーで、単色の、慣習的ではないスーツ旅行で最前列を取りました。 テーラリングの再加工では、「Broken Suits」コレクションは、通常よりもはるかに見た目のズボンの上に、最も細いチェックの黒いタイトフィットのダブルブレストブレイザーで開きました.Zegnaの高級カシミアと超高級Lanificioウールから作られました。 見た目が上がるにつれて、要素は箱入りの爆撃機でスポーティーに感じられ、オイルブラックはマドラス

興味深い記事

推奨されます

人気の投稿